スポンサードリンク

一覧

石の上にも三年。Perseverance will win in the end.

石の上に3年も座ると冷たい石も温まるという言葉でようするに辛抱せよということわざです。英語を直訳すると忍耐は勝つ!ということわざになります。

石橋をたたいて渡る。 Look before you leap.

頑丈な石橋でさえ用心のために点検して渡るという堅実さを表すことわざです。英語では飛ぶ前にみよ!となっています。

命あっての物種。Be lucky to get away with one’s life.

どんな大事なものよりも命が一番大事ということわざで大切な物を失っても命があるじゃないかという慰めの意味も込められているのではないかと思います。

魚心あれば水心。Scratch my back and I will scratch yours.

水と魚の相性を例にたとえ、相手に好意を持てば相手も好意をもってくれるということわざです。
英語では自分では掻けない背中を掻いてもらい相手にも好意を返すという表現をされています。

氏より育ち。Breeding is better than birth.

家柄などよりも育った環境の方が大事ということわざです。英語でも育った環境Breedingが出生より大事という意味で使われています。

馬の耳に念仏。  A nod is as good as a wink to a blind horse.

他人がいうことをまったく聞かない人を馬にたとえて表現したことわざです。
英語では「めくらの馬にうなずいても目くばせしても無駄だ」となっています。

枯れ木も山の賑わい。Anything is better than nothing.

枯れ木でもないよりはましということわざで英語でもストレートになにもないよりましとなっています。

弘法も筆の誤り。Even Homer sometimes nods.

弘法にも筆の誤りとも言われます。書の名人であっても失敗することがあるという事例をもとに失敗を恐れるなという励ましの意味をもつことわざです。

釈迦に説法。 Like teaching a fish to swim.

お釈迦様に対して説法を説くということは熟知している人に対して物を教えるという愚かなことであることをさすことわざです。逆によく知っている人に対して 念を押す意味で話しをする場合「釈迦に説法をしてはいけませんが、あえて〜ではないでしょうか」というように柔らかく指摘する場合にも使われています。英 語では魚に泳ぎを教えるという表現がされています。

大事の前の小事。 We must make a small sacrifice for a great cause.

大事の前では小さなことに構わない、犠牲も止むを得ないなど目的を見失わないためのことわざ。英語でも大きなことには小さな犠牲をはらわなければならない となっています。

早起きは三文の得。The early birds catch the worm.

早起きすると得があるという意味のことわざで英語では早起きの鳥はよく虫を捕まえると表現されています。

残り物には福がある。 There is luck in the last helping.

順番が最後の人のほうが得があるということわざで我さきに行こうとせず人に譲ったくらいのほうが得する場合があるという意味のことわざです。英語では最後 の一盛りに運があるとなっています。

憎まれっ子世にはばかる。 Ill weeds grow apace.

他人から憎まれるような人に限って出世するということわざで、英語では雑草ほど早く伸びると表現されています。

長いものには巻かれろ。If you can’t beat them, join them.

強いものには逆らわず迎合しなさいという意味のことわざです。英語では相手を負かすことが出来なければ相手に合流しなさいと表現されています。

毒くわば皿まで。 One may as well be hanged for a sheep as a lamb.

一度悪の道に走ったなら後戻りせず最後までやり通そうという意味のことわざです。やりたくなかったこと取り組んだ結果ここまできたならやり通すと半ば諦め 半分最後まで進もうというときなどに使われます。

時は金なり。Time is money

時間を無駄にしてはいけないという戒めのことわざです。タイムイズマネーはもっとも有名なことわざではないでしょうか。


Menu

相互リンク